「ハイランジ」の効果とやり方と方法│ヨガポーズ

ハイランジには一体どんな効果があるの?

ヨガのハイランジにはウエストの引き締め・股関節の柔軟性を高める・骨盤の調整・お尻の
引き締め・下半身の強化といった効果があります。

ハイランジは筋力トレーニングに近いヨガポーズなので筋力が少なく弱い女性には是非取り入れてもらいたいヨガポーズです。
筋力が少なくなると基礎代謝量が減ってしまい、太りやすくなってしまいます。
女性にとってはとても大きな問題なのでハイランジで下半身の筋力を鍛えて基礎代謝量をアップ
させましょう!

下半身には大きな筋肉が密集しているので下半身を鍛えることはボディラインを美しく保ったり、ダイエットを成功させるには外せない大切な箇所なのです。
また女性はヒールをはいたり、足を組んだりすることで骨盤が歪むことが多いので、歪みやすい
骨盤を矯正してくれる効果もあります。

ハイランジの由来

ハイランジはのランジは突進するという意味を表しています。
ハイランジのポーズは足を大きく前に踏み出したスタイルになります。

ハイランジのやり方

大きく足を踏み込むハイランジは下半身の強化だけでなく、股関節の柔軟性を高めてくれたり、
身体の軸となるインナーマッスルにもアプローチしてくれます。
これからハイランジのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に山のポーズになりましょう。
 このとき足裏をしっかりと体重を乗せて、背筋を真っ直ぐにしておきましょう。
 両手は腰に添えておきます。

左右の腰の高さが水平になっていることを確認してください。
 右足を大きく前に踏み込みます。

 右ひざを90度になるまで曲げます。
 両手は右ひざの間を挟むようにして床に手をつきましょう。
 左足はつま先だけが床についている状態です。

③左足がしっかりと伸びていることを体感しましょう。
 ゆっくりと息を吸いながら上体を起こしていきます。
 一度深呼吸をして、再度息を吸いながら両手を真っ直ぐに天井へ向かって伸ばしていきます。

④目線を正面に向いたらその状態のままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。
 深呼吸が終わったら反対側の足も同様に行います。

ハイランジのポイント

ハイランジを行うときのポイントは肩の力を抜き、胸を開いて肩甲骨を軽く寄せるようなイメージで行いましょう。
90度に曲げたひざよりもかかとが前に出ないように注意しましょう。

ひざよりもかかとが前に出てしまうとひざに負担がかかりやすくなってしまうので、
ひざの真下にかかとがくるようにしてください。
お腹やお尻、下半身に力を入れることでより引き締め効果を高めることができます。