「スフィンクスのポーズ」の効果とポーズのやり方と方法|ヨガポーズ

スフィンクスのポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのスフィンクスのポーズには腰痛の緩和・呼吸機能をアップさせる・疲労回復・背中の引き締め・ストレス解消といった効果があります。
スフィンクスのポーズは上体を起こすポーズなので普段ストレッチされない内臓にアプローチもしてくれることから内臓の働きを高めてくれる効果もあります。
ヨガの難易度としてはとても簡単なのでヨガ初心者の人でも気軽に取り組みやすいアーサナになります。
また背骨を調整してくれる効果もあるので姿勢が悪くて悩んでいる人にもおすすめです。

上半身の前面と背面をバランスよく鍛えてくれ、ストレッチしてくれるスフインクスのポーズは鎖骨から胸にかけて開くポーズでもあるので普段から呼吸が浅くて息苦しい人などには呼吸をラクにできるような感覚をつかめるでしょう。

スフィンクスのポーズの由来

スフィンクスのポーズはサンスクリット語で「サーランバブジャンガアーサナ」と呼ばれています。
サーランバは支えられた、ブジャンガは大蛇を意味しています。
ヨガのコブラのポーズを腕で支えるアーサナになります。

スフィンクスのポーズのやり方

胸を開いて呼吸がラクにできるようになり呼吸機能をアップさせる効果や
深呼吸をすることで心身ともにリラックスすることでストレス解消へと導いてくれる効果のあるスフィンクスのポーズのやり方をご紹介します。 

①床やマットの上にうつ伏せに寝転びましょう。足は腰幅に開いて足の甲が床につくようにします。

②肩の真下にひじをついたら、ひじから下を床について息を吸いながら上体をゆっくりと起こしていきましょう。

このとき腰が反りすぎないよう注意しましょう。腰を痛めてしまう原因になってしまいます。
鎖骨と胸を開いてあごを軽く引いて目線は正面を向いた状態で深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。

④深呼吸が終わったら胸から床につけていき元の位置に戻りましょう。

スフィンクスのポーズのポイント

スフィンクスのポーズを行うときに注意してほしいことは、腰を痛めている人は避けておきましょう。他には背中に痛みがある場合もやめておきましょう。
スフィンクスのポーズは上体を起こすことで前面側にある内臓が床に当たることで刺激を与えることができます。
内臓に心地よい刺激が入ることで内臓の働きがアップし、消化機能や排出機能が高まり体の疲労回復へと繋げてくれます。

コメントを残す