「ねじった三角のポーズ」の効果とやり方と方法|ヨガポーズ

ねじった三角のポーズには一体どんな効果があるの?

ヨガのねじった三角のポーズには背中を整えて強化する・太もも裏(ハムストリング)のストレッチ・お腹の引き締め・便秘解消・ストレス解消・足の引き締めといった効果があります。
難易度は比較的高めとされていますが、コツさえつかめば難しくないアーサナです。
お腹を捻る動作を行うので、くびれを強調してくれてウエスト周りのをキュッと引き締めてくれる効果があります。お腹を捻ることで大腸に刺激を与えることができるので女性が悩みがちな便秘にもアプローチしてくれます。
さらに腕と胸を大きく開くので新鮮な酸素を多く取り込むことができます。
現代人は無意識のうちに呼吸が浅くなりやすくイライラしている時間が長いと言われています。
ねじった三角のポーズは胸を開いて深呼吸を行うので余裕のない考え方だった状態から心身ともにリラックスしリフレッシュする状態へと導くことができるのでストレスが溜まっている人にはとてもおすすめのヨガポーズです。

ねじった三角のポーズの由来

ねじった三角のポーズはサンスクリット語で「パリヴィッタトリコーナアーサナ」と呼ばれています。
パリヴィッタは回転した、トリコーナが三角という意味を表しています。
ヨガには三角のポーズがいくつかありますがその中でも代表的なヨガのポーズになります。

ねじった三角のポーズのやり方

女性が悩みがちな便秘を解消してくれる効果や普段放置しやすい太もも裏のハムストリングをストレッチしてくれる効果のあるねじった三角のポーズのやり方をご紹介します。

①床やマットの上に山のポーズで立ちます。背筋を真っ直ぐにしましょう。そこから左足を大きく後方に引きます。

②ゆっくりと息を吐きながら上体を前方へ真っ直ぐに倒していきます。上体が床と平行になるまで倒していきましょう。

お腹を右側へ少し捻りながら左手を床、右手を天井へまっすぐに伸ばしましょう。
胸が開くように意識しながら開いていきましょう。

④目線は上に上げている指先の方へ向けましょう。そのままで深呼吸を30秒から1分ほど行いましょう。

ねじった三角のポーズのポイント

ねじった三角のポーズを行うときにやり方の③の体勢で余裕のある人は天井へ向けた腕をさらに頭の方へ傾けて体の側面を伸ばす姿勢にチャレンジしてみましょう。
その時は腰から腕までが一直線になるようにストレッチしましょう。
ねじった三角のポーズは難易度が高めなので、お腹をツイストさせて床に手がつかない場合はブロックなどを置いて強度を調節しながらヨガポーズをとってください。

コメントを残す